名古屋から知多産業道路(無料)を経由して常滑市に入り、さらに国道247号線を南下すると 知る人ぞ知るパワースポット多賀神社があります。

うっそうとした木々に囲まれており、なんだか神聖な気分になります。 この木々はただの木ではなく「おがたまの木」といって愛知県の天然記念物なんですよ!

さて、鳥居の前で神様にぺこりと頭を下げ、鳥居をくぐります。

進んでいくと手水舎があり、手を清めてから参拝しましょう。 手水舎の下には蟹が?よく見るといたるところに蟹がいるのですが、これは 近江国多賀大社より正元山伏が元和七年(1621年)に勧請し奉る時に、 「蟹」が背に乗っていたことから「蟹」が一つのシンボルとなっているそうな。

そして、本殿参拝します。

ここで、私がお勧めしたいのが、ここにはもう一つ社がありまして、こちら「富士浅間神社」です。 もともとこちらが氏神様だそうで。 ここの祭神はサクヤヒメノミコト(富士の桜の美しさをたとえての名前だそうです)。 初めて天界の神に嫁いだ地上の神であり、サクヤヒメノミコトは、その美しさで、天つ神の高貴な天孫・ニニギノミコトに見初められ嫁いだことから、 強力な「玉の輿運・上昇運」を持つ女神ともいえます。 高貴な目的を人生で見出すことや、桜の花のように人生を花開かせ、人々に喜ばれる存在になるといった意味も伺えます。

よってこちらも是非参拝しましょう。お参りするとご利益があるかも・・・あるかもです!

言葉でいい表せないのですが、なにか心が穏やかになるような、そんな感じがここにはあります。 伊勢神宮にも、熱田神宮にも同じ雰囲気がありますね。

知多半島に来た際は是非参拝してください。

DATA

多賀神社
〒479-0805 愛知県常滑市苅屋字洞ノ脇11
Tel: 0569-34-2086